知的所有権って?

 前にも書いたかも知れませんが、経営破綻に陥った銀行へ2兆円の資金注入を政府が決定した時、あまりの天文学数字に、その資金投入規模が如何なるものなのか丸っきりイメージが湧かなかったのを覚えています。
 その後、いったい誰が計算したのか、2兆円と言うお金は、それが生み出す利息を無視したとして、毎日1000万円使っても、使い切るのに500年掛るという話が流れ、びっくりしたものです。平均寿命の80年で使い切るには、この6.25倍のペースで使わなければ使い切れない・・。
ビル・ゲイツの個人資産は6兆近いと言うから、彼は更にその3倍のペースで使う必要があるのか・・・って、そんなこと心配してどうする。あははは

  それはともかく、ビジネスがこれほどの巨万の富を生み出す背景には、言うまでもなく様々な利権があると言っても過言ではありません。そして現代では、その利権の最大のものは知的所有権ではないでしょうか?

 IT産業や様々な産業や工業の背景に特許があるのは当然として、エンターテーメントやプロスポーツ、さらにはオリンピックに至るまで、およそ個人の技能と思われているものでも、その高額ギャランティーの背後には、放映権料、肖像権料などのような知的所有権が付き纏っています。

 元々は、産業の保護や育成、技術や役務(サービス)への正当な対価やその保護などを目的に生まれた制度ですが、メディアの拡大、情報化社会の拡大、消費経済の発展と大量生産、流通の拡大などなど、様々な社会変革により、独占権という利権は加速度的にその力を肥大化させ、先ほどの天文学的数字と言われるような利潤を掻き集める、まるで悪魔のような巨大な力を持つようになってしまったのです。

 前述のような社会変化、発展の結果として、人間社会が画期的に便利で効率良い社会になってきて、それはそれで人類全体がその恩恵に浴しているのはあながち悪い事とは言えません。そしてまた、交通手段や通信手段の発展のみならず、国家と言う枠組みも変わりつつあり、社会経済圏のグローバル化して行くことも避けられない流れと言って良いのでしょう。
 しかし、それだからこそ問題の本質を問い直して見る必要があるのでは無いのでしょうか?

 今や世界中の国々を巻き込んで巨大な利権を生む知的所有権が、特定の国家、個人に独占的利益をもたらす仕組みが、現代社会でも尚、果たして正当なシステムと言えるのでしょうか?甚だ疑問であると言わざるをいえません。知的所有権が生み出す利潤の大部分が、社会システムの発展に支えられて生み出されているのであって、決して一企業や一個人の発明や発見だけに依存しているのでない事は間違いないでしょう。

 昨今、企業や国家の研究機関の研究者が、研究成果の分配や権利を求めて訴訟を起こし、巨額の分配金を勝ち取ると言う報道を聞くと、この問題の本質の履き違いを感じざるを得ないのです。研究成果を組織が独占して良い訳はありませんが、研究成果を成し遂げたり、商品化し商業的、産業的ベースに乗せ利潤を確保するには、個人の閃きやアイデアだけでは為し得ないのは疑いの無い事実です。

 このような争いを見ていますと、人がお互いへの配慮や社会への感謝の気持を忘れ、己の成果を誇り、そこから派生する権利や利潤の独占を叫んでばかりいるように聴こえるのは私だけでしょうか?

 話が長引きましたので今日はこの辺で、続きはまたということにしましょう。

                                        By 純一郎
[PR]
by m_tanijyun | 2004-11-15 16:59
<< 磁性を示す液体? ●●さんからのコメントへの返信 >>