<   2004年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

(追記)クローン技術って何?

 クローン技術は、生物学的には非常に画期的な成果をもたらすと期待されていますが、その反面、倫理上の問題や、まだまだ多くの技術的課題を残しています。

 また、相対性理論がもたらした知見から、「人は近い将来タイムマシンに乗って時空間を自由に移動できるのでは・・」といった誤解が生じたように、一部には不老不死の技術と誤解されている節も窺えます。

 一卵性双生児とクローン動物とは、同じ再発生と言っても、厳密に言いますと受精卵と体細胞との違いがあります。しかしながら、全く同じ遺伝子を持った単一の細胞から生まれた動物と言う意味では、この両者は本質的には変わりがありません。

 前にも言いましたが、生物学的には、この受精卵と体細胞という僅かな違いに大きな意味があるのですが、ここであまり専門的なことを取り上げても仕方ありませんので割愛します。この両者の違いには、通常は生まれてくる時期の違いも挙げられます。一卵性双生児はほぼ同時期に誕生しますが、クローン動物は一方が成体になってから細胞を取り出して誕生させるのですから、当然誕生時期は大幅に遅れてしまいます。

 この他にも、両者の違いは様々ありますが、元々は同じ細胞であったものから誕生する生物ですから、この両者は遺伝子的には全く同じ生物と言っても過言ではありません。

 だからこそ不老不死の技術と誤解されたり、自分自身の生まれ代わりが誕生すると信じられたりするのかも知れません。

 ん?何がどう違うんだ!ですか??あははは。

 ちょっと分り難いかも知れませんね。 実は、それで先ほど一卵性双生児の話しを持ち出したのです。

 一卵性双生児は、一卵性という言葉通り、本来一人の子供になるべきだった一個の受精卵が、分裂発生の過程で2個またはそれ以上に切り離れてしまい、その切り離れたそれぞれの受精卵が別々に分裂発生をしてしまって、二人またはそれ以上の赤ん坊が生まれることなのです。だから彼らはクローン人間同様、生物学的には同じ遺伝子を持った同じ個体なのです。

 それにも拘らず、皆さんもご承知のように、彼らは全く別の人格を持った別の人間として、この世に存在し、別の人生を歩むことになるのです。

 そうなんです。もうお分かりでしょうが、同じ遺伝子で、生物学的に同じ個体と言っても良いクローン人間であっても、当然のことながら一卵性双生児同様、考えや記憶、人格まで共有することは出来ないのです。ということは、人格としては別人と言わざるを得ないのです。

 つまりはクローン技術は不老不死技術にあらず。。。なんです^^w・・・・・ん?ちょっとがっかりしましたか??あははは

                                           By 純一郎
[PR]
by m_tanijyun | 2004-01-08 22:33

(続々)クローン技術って何?

このように「個体発生」も「再生」も基本的には同じことなのです。ここまで話してクローン動物のことを考えた人はかなり分っていますね。凄いです。あははは。

  そうなんです。クローン技術は、体の一部を再生させることをもっと進めて、プラナリアの場合よりもっと細かく、細胞の一つ一つにまでバラバラにして、まるで卵子から発生するのと同じように、一番初めの1個の細胞にまで戻って「再発生」させる事を言うのです。

  双生児は子宮内で複数の卵子が発生することにより生まれますが、一旦大人の身体或いはその途中まで成長した体の細胞を1個取り出し、卵子と同じ物としてもう一度、子宮内に戻して再発生させる技術と言った方が分りやすいでしょうか?

  ん?何だそんな簡単な事か・・って?確かに言葉で言えば簡単ですが、実は一旦分化した細胞は元の卵子とは性質が変わってしまっていて、簡単に元に戻れないようにガードが掛かっているんです。つまり、分化の過程で、一度皮膚になった細胞は皮膚でありつづけるように、心臓になった細胞は心臓でありつづけるように性質が固定されているのです。そりゃそうですよね?体中の細胞が、大人になっても、何時でも何にでも変われてしまう原始的性質を持っていたら、危なくてしょうがありません。

  これまでは出来なかった、このようなガードを外して、分化し切ってしまった大人の細胞を、何にでもなれる「未分化」な細胞(受精卵と同じ性質の細胞)に加工して、「再発生」させる技術がクローン技術です。この技術を応用すれば、これまでに優秀な動物の子供を作るために開発されたどの交配技術よりも確実に良質の子孫が得られます。なぜなら、クローン技術により出来た子供とは、優秀な動物自体の完全なコピーに他ならないという訳ですから。

 チョッと説明が長くなりましたが、クローン技術の原理がお分かりいただけましたでしょうか?

                                           By 純一郎 
[PR]
by m_tanijyun | 2004-01-07 22:20

(続)クローン技術って何?

 このようにプラナリアは、非常に原始的な生物ながら高等生物が持つ基本的な器官を一応備えているのです。ですから、この動物を小さく切り刻めば、いわば尻尾の先だけとか、頭の先だけとかに切り離されてしまう筈です。それにも拘らず、尻尾の先だけの切れ端から、身体も口も頭も、神経組織も脳も、失った部分の全てを再生してしまうのです。

  人間で言えば、指先だけの切れ端から、元の身体全体を再生してしまうというイメージです。どうです?すごいでしょ?(って・・別に私が威張ることじゃない。あははは)

  ところで「再生」って、再び生えるって書いてるけど、生物学的には「再発生」するってことでもあるんです。 「発生」?発生って事件が起きる事や虫が湧くことじゃありませんよ!生物学では、生物がたった一個の卵細胞から大人の身体にまで成長することを「個体発生」と言い、単に「発生」とも言います。この発生の過程で、沢山の細胞に分裂して頭や手足などの様々な機能を持った体の組織を作り出しますが、このことを「分化」と言います。

  「再生」というのは、大人にまで分化し終えた生物の身体の一部が欠損したとき、その欠損部分を回復する過程を言いますが、これはある意味では生物の卵からの「個体発生」を途中からやり直すことと同じなんです。

 高等生物の多くは、このような「未分化な細胞」を自らの子孫を残す為の生殖細胞(卵子や精子)として体の一部に残し、それ以外の細胞は皆それぞれの機能や役割を持った「分化した細胞」に変えてしまいます。ですから、再生が苦手なのだと言っても良いでしょう。

 これに対し、トカゲ、イモリ、ミミズ、プラナリアなど再生力旺盛な生物は、その体の様々な細胞組織の中に「未分化な細胞」をたくさん残しているのです。ですから、彼らの体が切られると、その傷口に「未分化な細胞」が一斉に集まって来て、そこでその部分の「再発生」を開始して、たちまち不足の部分を作り直してしまうのです。

                                           By 純一郎
[PR]
by m_tanijyun | 2004-01-06 22:17

クローン技術って何?

 プラナリアという生物を知ってますか? 再生力の強い生物という事で知られていますよね。再生力って言うのは文字通り、失った体の部分を再び元の形に戻す能力です。トカゲの尻尾やイモリの手足、ミミズの体なども切り取られた部分が再生することで有名です。

 このプラナリアは、体調が2~3センチほどの小さな生き物ですが、一説には200分の一以下に切り刻んでも、その一つ一つが再生すると言われています。脅威の再生能力ですよね?

 私たち人間の体も、傷口を塞いだり、ある程度小さな身体の欠損部分を修復する働きを持っています。 それでもこの再生能力は、身体の極く部分的な(細胞)組織の修復に限られています。 これに対して、トカゲの尻尾の場合は、その尻尾の先の骨から筋肉、表皮と言った尻尾の欠損部分そのものを丸ごと全部再生してしまいます。イモリの場合などは、腕を丸ごと失っても、肘、腕、手、指といった腕を構成する全てのパーツをそっくり元通りに再生してしまいます。

  驚異的再生力を持つといわれるプラナリアは、小さなミミズのような動物で、トカゲやイモリから見ると非常に原始的な動物と言わざるを得ませんが、それでもこの小動物は系統的に脳を持つ最初の動物であり、3胚葉が分化する最初の動物という意味で、発生学的にもかなり優れた動物と言っても良いでしょう。
 
 プラナリアは有性生殖および尾部の方で分裂する無性生殖も行うといった特徴も持っています。また裏返しにしてみると、口は腹部の中央にあり、ここから白い管状の「咽頭」をのばして餌を食べます。有性系個体では、その後方に「交接器官」も持っています。
  さらに、2個の「杯状眼」といわれる目を持っており,光の来る方向を知る事ができるようになっています。また,耳のように見える「耳葉」では,化学的な刺激(いわゆる味覚)や、お互いの接触や水流などの圧力などを,感知していると言われています。このように小さく原始的な動物でありながら基本的な感覚器官や未発達ながら脳を持って感覚器官で受け取った刺激を脳で判断しているのです。

                                            By 純一郎
[PR]
by m_tanijyun | 2004-01-05 22:10