<   2004年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

(続)完成って何時なの?[3]

 しかしながら、その行為が仕事として社会的性格を持って行なわれる場合は趣が異なります。人は人を、その行動で評価していることも一方の現実なのです。仕事であれ趣味であれ、創作活動であれ家事労働であれ、人は様々な社会活動を仕事として行い、好むと好まざるに拘わらずその行為の成果を人に評価されることになります。このときに、今回のテーマである「完成って何時なの?」という事に関する考え方が問われることになるのです。

 勿論、物事は「拙速か完璧か?」という二者択一ではありませんし、社会的活動に於いては、その行為をなす人の考えよりも「社会からの要請」の方が重要な意味を持ってきます。ビジネスの社会ではこれらの関係が明確ですので、クライアント(顧客)の要請に基づき行なわれる仕事を例にとってお話しましょう。

 顧客が仕事を発注する以上は、その仕事の完成度(品質は勿論、納期やコストも総合的に評価されますが)には、予め一定の「期待値」が存在します。仕事を受注した人は、作業を終える時点(完成と見なす時点)で自身の満足度よりも、顧客のこうした「期待値」を満たすことを前提とせざるを得ないでしょう。この条件が満たされて初めてビジネスは成立します。そして顧客の満足度が信用となって次の仕事へと繋がって行きます。

 以上の関係は金銭の授受を伴うか否かに拘わらず、仕事と言われるものの全てに共通しています。結論的に言えば、仕事の完成度と納期(完成までの時間)が社会または顧客の「期待値」を満足させるものであること。これこそが仕事に於ける「作業を終える時期」であり「完成時」と言えるのではないでしょうか?

 仕事をした人の満足度が満たされ「完成」と見なした仕事が、そのまま顧客の「期待値」を裏切らないものであるとしたら、その仕事はプロの領域と言って良いでしょう。(とは言え、現実にはそれらが完全に一致することは永久に無いかも知れませんが・・・・)
 因みに言わせて頂きますと、ここで言う「期待値」は、この言葉自体、非常に曖昧な表現ですが、それで居てどういう訳か、不思議と普遍性を持った「評価」であることに驚かされるものです。ですから物事に対する社会の「期待値」を的確に捉えるならば、何処まで完成度を高めるべきか、何処で仕事に「見切り」を付け「完成」となすべきか、と言うことの一つの判断基準にはなるのではないかと思います。皆さんはどうお考えでしょう?
  
                                          By 純一郎
[PR]
by m_tanijyun | 2004-04-20 12:12

完成って何時なの?[3]

このテーマで3回目の独り言です。これも尻切れトンボになっていましたので一応これまでの話しをまとめて見ます。

 ともあれ今回の独り言のテーマは「完成って何時なの?」ってことです。人が仕事をしたり、何か作品を生み出すときに、人は何を持って仕事の終わり、或いは作品の完成と見なすのか?ということに拘って考えみました。

 いずれにせよ作業の終わり、完成度の見極めは、結局のところ作者の手に委ねられていることは確かです。そうなると、ずぼらな作者や満足度の低い作者、完成度の高さを知らない作者などは、どう足掻いても完成度を上げることは出来ません。完成度が低いことが分らなかったり、完成度を高める必要性を感じなかったりでは、その完成度の良し悪しを論じてもどうしようもありません。

 しかしそうかと言って完成度や満足度に拘り過ぎ、文章に推敲を加えているうちに支離滅裂な文になったとか、絵の完成度を高めようと加筆しているうちに色調や構図が崩れたとか、彫刻に修正を加えているうちに作品がどんどん小さくなってしまったなんてことになったら笑えませんよね?それはともかく、如何なる作品も、必ずしも手を加えれば加えるほど良くなる〈完成度が高まる)ものとは限りませんし、作者の満足度が上がるものとも限りません。

 さてさて、人は生きている限り様々な行為を行い、これまでもそれらをそれなりの完成度で終えて来ている筈です。それらの行為の全てに、「拙速となすべきか?、或いは時間を掛けてより良き完成度を目指すべきか?」という本来なら非常に悩むべき重要な課題がある筈ですが、それらをこれまで「どういう基準で決めて来たのか?どう見切りをつけて作業を終えてきたのか?」は思いの他、曖昧です。

 なぜなら、その多くが自己裁量で決められるからであり、その結果を受け止めるのも裁量者自身である事が多いため、余程の完璧主義者で無い限り、それなりの妥協が図られるからでしょう。曰く「時間が無かったから」「この程度で充分だから」「これ以上やっても無駄だから」などなど、作業を終わらせる理由や言い訳は幾らでも見つかるでしょう。

 これは一面の真実であり現実です。個人的な行為である限り、そのこと自体が良いとか悪いとかは一概には言えません。何故なら、この問題を掘り下げれば、人の人生や生き様がどうあるべきかというところまで立ち入ることにもなりかねないからです。

・・・・・つづく
                                    By 純一郎
[PR]
by m_tanijyun | 2004-04-15 12:06

(続々々)先見的要請って?

 言い換えれば、そこには明らかに「先見的要請」が有ったと考えられます。彼らが他の人達と違っていたとするならば、それらの果実が丁度良い収穫時期に有るという「先見的要請」を、誰よりも早く見抜く力があったということになるのではないでしょうか。

 更に言えば、人々の意識下にある「潜在的な欲求」をも「先見的要請」と言えなくは無いでしょう。必要は発明の母と言われる如く、人々の意識下にある「必要」を的確に捉え、それを具現化したものが大発明という訳ですが、ここで言う「必要」こそまさしく「先見的要請」そのものと言っても良いのでしょう。卑近な例では、商業上のヒット商品、或いは、およそ「商業的にクリエイティブと呼ばれる活動」のすべても、見方によっては「潜在的な」消費者ニーズを「顕在化」させる行為ですから、広い意味で発明と言えます。ですから、これらの活動すらも「先見的要請」を捉える活動と言えるのではないでしょうか。

 こう考えて見ますと、学究・研究行為、計画的行動、危機管理、創造的活動といった人間の論理的活動の主要なものの大半が、この「先見的要請」を捉える行為と言っても過言では有りません。言い換えれば、物事の「先見的要請を如何に的確に捉えるか」こそが「考えること」の非常に重要な主題と言えると思います。

 このテーマについてはまた何時か別の角度から論じてみたいと思いますが、最後に一言付け加えるとするなら、読んで字の如く、「先見的要請」はインスピレーション(天の啓示)のように何処からか自然に沸いて来る物ではなく、「何時もそこに在り、あたかもその事実の方から仮説の証明を要請している」ものであると言うことです。ですから自らへの反省の意味を込めて言わせてもらえば、先見的要請を捉えるためには、一にもニにも現状を正しく認識すること、既知の知見を正確に把握すること、それらを主観に囚われず客観的に分析することしかないと言うことでしょう。
[PR]
by m_tanijyun | 2004-04-06 19:02

(続々)先見的要請って?

 さてさて、このテーマでは今年に入って2度ほど独り言を書きましたが、尻切れトンボとなっていましたので気になっていました。また別の機会に別の角度から書くかも知れませんが、今回は今回で一応まとめておくことにします。

 要するに(私的に独断と偏見で言わせて貰いますと)、物事にはそれなりの必然性があるので、既存の観察事実から「推定原因」や「推定結果」を、ある程度は理論的に導き出すことが可能であり、そうした推定(仮説)が成り立つのは、そこに「先見的要請があるから」と言うことになります。

 ですからこれを拡大解釈すると、ニュートンがりんごが落ちるのを見て万有引力の存在を思い付いたり、フレミングが細菌の培養中に起きたアオカビの汚染(コンタミネ―ション)から、抗生物質のペニシリンを発見したり、湯川秀樹が中間子の存在を予測したのも、アインシュタインがニュートン力学では説明できなかった物理現象を、光の速度の領域でも記述出来る運動方程式として書き直したのでさえも、全て皆「先見的要請」に基づいたものと言える訳です。

 勿論、歴史に名を残す偉業を成した天才達が、人並み外れた着想や頭脳の持ち主であったことは間違いない事実でしょう。しかしだからと言って、彼らが単なる「天啓」や「ひらめき」だけでその偉業を達成できた筈はありません。彼らがその偉業という果実を収穫できたのは、それ以前に多くの人たちによって蒔かれた種があったからであり、それらの種から芽生えた苗木は、これまたそれ以上に多くの人々により育成され、彼らが偉業を達成する頃に、丁度その果実が収穫すべき時期に有ったという事も確かなのです。

・・・つづく 
                                           By 純一郎
[PR]
by m_tanijyun | 2004-04-05 18:57