<   2004年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

情報の共有って?

 そもそも僕は「知る権利」だ、「報道の自由」だなんて小難しいことを論議する気などサラサラありません。だいたい「権利」だ「自由」だなんて声高に叫ぶ人に限って、これらを自分勝手に解釈し、人の迷惑省みずって輩が多いのには辟易としますからね・・・。

 ・・・って、書き出しから穏やかならぬ言葉の連続で申し訳ありません。あははは。

 さてさて、今日の話題は「情報の共有」です。「知的欲求」は「考える動物」である人間の宿命と言うべきか、或いは優れた特色でもあろうかと思いますが、とにかく人間は「情報の共有」を熱望します。

 それはコミュニケーションそのものとも言えますし、進化の一形態であるとも言えるのかも知れません。

 閑話休題:ややこしい話はチョッと横に置いて・・・と。日常的な生活の様々な側面に於いて、そこに人が集まれば、コミュニケーションや情報と言った形での「情報の共有化」が図られます。

 この「情報の共有化」は、それが会社の仕事上の情報であれば必然的なことと見なされ、俗に言う「ほうれんそう」を怠れば、仕事に重大な齟齬を来たすだけでなく組織自体が機能を失うことさえあります。この場合の「ほう=報告」であり、「れん=連絡」であり、「そう=相談」です。

 じゃ、それはなぜでしょう?なぜ、組織にとって「情報の共有化」がそれほど大切なのでしょう?

 勿論、一言でその要因の全てを言えるわけではありませんが、これは全くの私見ですが、その非常に大切の要素とは、「情報の共有化」は「責任の共有化」だからではないでしょうか?

 人それぞれに色々な見解はあると思いますが、そのような観点から私は家庭に於いても「ほうれんそう」を奨励しています。愛する家族との情報の共有化により、出来る限り多くの責任の共有化(共有課題に当事者意識を持って対処する)を図り、家族としての最善の知識を結集すると同時に、父親としての自分の責任を最大限果たしたいと考えているからです。・・・って、要するに「知らなかった」ことには充分な対処のしようも有りませんし、充分な責任の取りようも無いことが多いからです。そんな悔しい思いをするなら、仮にどのような辛い悲しいことであっても「知っていて」共に苦しみ悲しみながらベストを尽くしたいと言う気持なのでしょうかね?・・・・・・・それとも単に、愛する人のことは、それが何であれ全てを知りたいということでしょうか?あははは。

                                           By 純一郎
[PR]
by m_tanijyun | 2004-07-30 18:25

こんばんはorこんばんわ?

 さてさて、今回はこの独り言を以前投稿していたコミュニティーの掲示板に、コメントと一緒に戴いた話題に対し、小生が書いた返信コメントです。

 「こんばんは」の「は」ですか?・・・・なるほど・・・

 最近は文章でも「話し言葉」をそのまま表現する傾向も多くなっていますし、本来の語源は語源としてあったとしても、その言葉の用法が時代と共に進化・変遷している場合もありますので、その辺が判断の難しいところかも知れませんね?

 本件に関しましては、一般に、語源的には「こんばんは」は「今晩は」であり、「今晩は、良いお天気で・・」とか「今晩は、ご機嫌いかがですか?」の挨拶言葉の 『呼び掛け部分』 の名残と考えられています。

 ですから、これは●●さんの仰られる「格助詞」(この言葉でネット検索しただけでも面白いほど沢山の日本語の助詞の研究が見つかります)が、「こんばんは」の「は」の語源的な役割と言うことになります。

 日本語には、これと同様な(後に続く言葉の省略)言葉が、「今日は」「左様なら」「只今」など、沢山あることから、恐らくこの説はかなり信憑性が高いものと思われます。

 この辺のことは、 「語源由来辞典」というWEBサイトに書かれていますのでご興味があればご覧ください。

 勿論、言葉は「生き物」と言われるとおり、コミュニケーション手段として「使われて」意味があるものであり、「概念」の「受け渡し手段」ですから、時代と共に使い手側の「用法」により変わるものであり、語源に拘るのこと自体は実質的な意味を持たない場合も多々あると思います。

 「こんばんは」も、会話としての言葉として記述する場合や文字での会話チャットなどでは、「こんばんわ~」も一般的になりつつあります。ただし、言葉としての是非を問われれば、個人的にはここは矢張り「こんばんは」としたいところです。
 
 僕は矢張り、自分の生きて来た時代の言葉に、馴染みと言うか親しみを覚えるので、最近の若者を中心とした言葉、例えば「ら抜き言葉」や「超、~~」と言った表現や「否定を伴う副詞」としての「全然~~でない」を「強調肯定の副詞」として使うことには絶対に慣れる事は出来ません。

 長くなりましたので、これにつきましてはまたの機会に譲るとしまして、これを機会に僕の大好きな「日本語」に関し、或いは日本語が持っている言葉としての魅力や特性をテーマにしたお話をする機会が増えることは大歓迎です。

 ついでですので、小生がネットで見つけた日本語の語源や用法に関して書かれた面白いWEBサイトを以下に二つほどご紹介いたします。ご興味があればご一読ください。

 一つは、個人のホームページの「雑学集」の中の「語源由来辞典」というページです。公式なものではありませんが、雑学集も含め、結構面白いです。

 これも矢張り佐藤和美 さんという方が運営される「言葉の世界」という個人のWEBサイトですが、その中の「日本語とその周辺」には興味ある記述が沢山見つかります。ここはそれを始めとした内容の充実したサイトです。

                                           By 純一郎
[PR]
by m_tanijyun | 2004-07-25 18:01

(続)似て非なるもの?

 職人不在は何時ごろからなのでしょう?科学の発達とともに道具が飛躍的に進歩し、大量生産や利潤第一主義の経済が支配的となった今日、今や昔の職人気質を知る人すら少なくなってしまったのかも知れませんね?

 職人不在の世の中は、ある意味、何事も「誰でも直ぐ、簡単に、安価で」が実現可能な便利な社会とも言えるのでしょう。ですから、これに慣れた人は、利便性に気をとられ、職人不在の世の中の恐ろしさを気づいていないのではないでしょうか?

 職人不在は「本物の専門家の不在」「プロフェッショナルの不在」であり、「一億総素人集団」「アマチュア社会」を意味しています。

 職人は数多(あまた)存在しますが、大工さんや調理師さんは最も身近な存在です。例えて彼らを取り上げても、今や本物の大工さんや調理師さんは極く一部しか居ないと言って良いでしょう。どちらも、材料の加工、下ごしらえは、工場などで殆ど済ませ、現場ではアセンブル、盛り付け作業のみを行うケースが非常に多くなっています。

 道具の手入れも出来ない職人、電動工具や器具しか扱えない職人が増え、ひどい場合は、職人と称して素人のアルバイトが仕事をしているケースも当たり前となっています。これらは今やすべてに言えることかも知れません。

 社会全体が、原理原則を知らず、基本をわきまえず、マニュアルどおり、自動の機械任せの世の中になりつつあるのです。怖いことです。

 これは私見ですが、私は、これこそが危機管理の欠如につながると思っているからです。高度に文明が発達した世の中では、ある意味、すべてがいつも、順調、平穏無事なら、職人も専門家も指導者も要らないと言っても良いのかも知れません。しかし万一、想定外のことが起きたときに、原理原則や基本に立ち返らねばならなくなったときに、アマチュア社会は何も出来ずに途方にくれる、あるいは大混乱を起こすことになると思います。

 本物の職人により様々な経験や知識を結集して作られた製品は、如何なる状況に於いてもその製品が持つべき機能をフルに発揮し得るものといって良いでしょう。本物とはそうしたものだからこそ、時間という篩に掛けられて尚生き残り、人に長く愛用されるのではないでしょうか。すべてが「使い捨て時代」となりつつあることを憂うばかりです。

                                           By 純一郎
[PR]
by m_tanijyun | 2004-07-25 13:50

似て非なるもの?

 偽物、贋作と言うと、ブランド品、骨董品等といったものや、絵画、彫刻のようなものが直ぐに思い浮かびます。これらの偽物が生み出される要因は沢山ありますが、端的に言えば、本物と言われるものが、希少価値や需給バランスが生み出す付加価値により、実質的価値(材料費や加工費)を大幅に上回る過大な経済的価値を生み出しているからでしょう。

 人間にとって物の価値とは何なのか?については実に面白いテーマですので、何時か別途テーマに取り上げて見たいと思いますが、偽物とは、そもそも本物に似せて作られたもののことですから、まさに「似て非なるもの」という今回のテーマにピッタリです。

 しかし今回の独り言のテーマの「似て非なるもの」とは、必ずしも有形のものとは限らず、無形のものも含まれます。無形のもので「似て非なるもの」とは、例えば「親切」と「お節介」みたいなものです。あははは。

 しかし、これら「似て非なるもの」であっても、有形無形に拘わらずに共通して言えるのは、「本質は同じものであるが、人間がその評価を変えているもの」と、「外観は区別し難いほど似ているが、本質が全く違うもの」とがあると言うことです。

 子供たちが履いている靴を高く蹴り飛ばし、その裏表で明日の天気を占ったのと、気象庁の予報士が様々な気象データーを基に予測した結果が同じであったり、ある人が偶々選んだデザインや壁紙の色の組み合わせが一流のデザイナーのそれと一致したからといって、気象予想士やデザイナーの評価が下がったり、靴を投げた子供や偶々適切なデザインを選んだ人の評価が過大に上がることはありませんよね?
 
 では、猿や象などに絵筆を持たせたりして描かせた絵と、人間が描いた絵が極めて似ている時、その芸術的価値をどう評価すべきなのでしょう?
 また反対に、「書の達人が描いた、たった一本の線、或いは点」や、「人間国宝の陶芸家が柄杓に掬った上薬で瞬時に描いた模様」の価値と、「前衛芸術家と言われる人たちの、明らかに偶発を期待して生み出した作品」の価値は同格と言えるのでしょうか?

 よくよく考えれば、身の周りにも、この「似て非なるもの」がいっぱいです。日常生活にも、ビジネスにも、人間関係にすら本物に見せかけた偽物が潜んでいそうですよね?あははは。 

 さてさて、皆さんはこの問題如何お考えでしょう?・・ってことで、この話の続きは、またという事にしましょう。

                                           By 純一郎
[PR]
by m_tanijyun | 2004-07-20 13:48

(続)切れるって?

 僕らの世代では、「切れる」と言ったら普通は「頭の回転が速い」ことを言いましたよね?「切れ者」という言葉があるくらいですから・・・・。

 日本のミュージシャンの世界では、理性が働いて感性が押さえられている状態から、演奏が興に乗ってくると「吹っ切れて」急激に一段高い別人のような演奏状態になることを、結構古くから「切れる」と言ったりはしていたようです。ただしこれは、いわゆる、業界用語とか隠語とか言われる使われ方です。

 これもどちらかと言うとマイナスイメージよりも、むしろ良い演奏状態を指していましたが、最近の若者たちが普通に使う「切れる」は、確かに同じように理性が感情を押さえられない状態を指してはいますが、どういう訳か何時の間にか意味が変わり、「堪忍袋の緒が切れて、怒り狂う状態」を指して使い始めました。これをまたバカなマスコミ連中が流行らせ、今では一般に使われ出したようです。・・・(あはは、オジンの僻みって言われそうだ)

 それはさておき、僕はできるだけ若い時期にいわゆる修身教育を受けることが必要だと思っています。今の日本には、戦前の様々な間違った抑圧への反省から、「羹(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹く」の風潮が強く、良かろうと必要であろうと、「戦前に行なわれたものは全て悪である」と言った極端な考えに固執している人間が、悲しいかな非常に多いように感じます。

 これがまた教育者やマスコミ関係者に多く、それがまた新興宗教かオカルト教団のように、問答無用で狂信的な輩も少なくなく、「道徳教育の必要性」などを解こうものなら「戦前の教育の復活」とばかりに大騒ぎする始末です。「言論の自由」とか「報道・表現の自由」とかも被害妄想的に騒がれるのも辟易とします。

 まあ、ある意味では、それほど戦前の教育や政治による犠牲者が多く、それだけに拒否反応が強いと言うことだけは否定できません。

 しかし、だからと言って無秩序であっていい筈はありません。何事もそのもの自体の良し悪しよりも、それを解釈し運用する人間の側に問題があるに過ぎないのですから。

 それが何であれ、戦後の日本人は半世紀近くも特定の宗教的な規範も無ければ、道徳的規範も持ち得ないで過ごしてきてしまったのです。それでも今まで何とかやって来れたのは、たまたま経済復興という共通の目標と、その実現が人間の基本的欲求本能を満たし続けてきたことから、不平不満がその影に覆い隠されて来ただけなのでしょう。

 そう言った意味から、少なくとも日本人にとっては今こそ修身教育が絶対に必要だと思うんです。物質文明が加速度的に進み、その方向が単なる道具の開発から思考領域に踏み込んで来つつある時代です。こんな時代だからこそ心を磨き、鍛え、本質を見失わない思考の方向性を保つことが必要ですし、そのためには善悪の規範となる道徳や修身の教育が絶対に必要ではないでしょうか?

。。と、チョッと過激発言の純一郎でした。・・・その前に教師の質の向上の方が問題かも・・・・

                                          By 純一郎
[PR]
by m_tanijyun | 2004-07-10 13:39

切れるって?

 つい最近も、子育てが嫌になった母親が、こともあろうに2歳児を車から降ろして、自ら運転する車で轢き殺そうとしたと言う事件が報道されました。近頃毎日のように報道される悲惨な事件は、決して特殊な病気や性格異常者の仕業と言うより、事件を起こすまでは普通の生活を送っていた平凡な小市民であることが多いのにも驚きます。そしてその背景には決まって、普通なら取るに足りない些細な切っ掛けと短絡的な感情の爆発があるように思います。

 この感情爆発のことを近頃は単に「切れる」と言うそうですが、何故近頃の人は、どうしこれほどまでに易々と堪忍袋の緒を切ってしまうのであろうかと悲しくなります。何事もなかなか思い通りにならないのが当たり前であった世の中が、近年になって加速度的に、何でも簡単に実現出来、思い通り行って当たり前の時代になった来たから、結果として、現代人は我慢が苦手となり、思い通りとならないことへの不満が「感情爆発」を生み出しているとも言えます。

 また、これらのどちらかと言うと攻撃的(外向き)な感情処理も目立ちますが、その一方で、離婚や自殺と言った人間関係の否定や自己否定のような内向的な事件も、過去とは比べ物にならないほど激増しているそうです。聞くところによれば、近年の日本の、年間の自殺者数が何と3万人を超えると言うから驚きです。

 こうしてみると、総じて言えば人間はどんどんと「我慢」したり「耐える事」が苦手になって行くようにも思えます。昔は「苦労は買ってでもするべし」と言いましたが、今では「苦労」とか「勤勉」とかいうそんな価値観も消え去って行ってしまうのでしょうか?
 今の利潤至上主義の経済社会では、そうした考えは古臭くて、無駄で、格好が悪いもの、価値の低いものであって、可能な限り排除し、改善するべき対象のものと言う考え方が一般的になってしまったのかも・・・
 
 あらら?なんだか愚痴っぽくなっちゃっいましたね?
 
 しかしながら、このような悲劇的な事件を耳にするたびに、現代人の「心の脆さ」を感じずには居れません。

 肉体と同様、心だって鍛えなければ強くはならない筈です。己の心に鞭打って、ともすると安易な方向に向かい勝ちな気持や、感情に任せた判断や行動に走らせないという強い意思や心を育てることが、短絡的な「感情爆発」を押さえることの出来る「唯一の処方箋」ではないでしょうか?

 克己心と言う言葉がありますが、こんな時代だからこそ、「己に打ち勝つ強い心」を育てる必要があると思います。社会や時代のせいにしても何も解決しないでしょう。心の問題は結局のところ各自の責任ですし、心身の鍛練は絶対に一朝一夕には為し得ません。やはり出来るだけ小さい時からこうした努力を積み重ねる必要があることを考えますと、親の責任も重大です。高度な知識を伴う教育や情操豊かな環境も大切ですが、こうした雑草のような強靭な心だって大切ではないでしょうか?・・・・って、最後はチョッと感情論も入るんですが、こうした事件を起こす人間に、未熟さや軟弱さ、幼稚さや甘えを感じるのは僕だけでしょうか・・・・あははは。おいおいおいって?ちょっと感情的過ぎるかな?うんうん!そうそう冷静に、冷静に・・・・ですよね?ともあれ、年寄りの私としては、次代を担う若者たちに「自制心」「克己心」「逆境や困難に打ち勝つ強い心」といった心を、是非ともしっかりと鍛えて欲しいと願うばかりです。

                                           By 純一郎
[PR]
by m_tanijyun | 2004-07-05 13:34