(続々々々)宇宙って?・・・宇宙の大きさ(構造)

 しかし、宇宙の大きさはそんなものでは終わらないのです。その銀河系宇宙っていうのを太陽系よりワンランク上の小宇宙って言ったでしょ?そうなんです。大宇宙と呼ばれる本当の宇宙から見れば、銀河系宇宙自体が砂粒のように小さな塊の宇宙に過ぎないんです。そして、これまた気の遠くなるような話ですが、大宇宙の中には、このような銀河系宇宙のような銀河と呼ばれる砂粒が更に1000億個ほども存在しているのだそうです。

先ほどの砂粒の話に戻ってもう一度イメージして見ましょう。小さな砂粒の一つを太陽系という宇宙空間と考えた時、10リットルのバケツ一杯に詰まった砂粒を、一粒づつ十分な距離を持ってバケツ2000杯分ばら撒いた広場が銀河系という訳なんです。そして、その銀河系という広い空間を先ほどと同じ小さな砂粒と見なして考えて、これまた同じように10リットルのバケツ一杯の銀河の砂粒を、やはり同じように一粒づつ十分な距離を持って1000杯分ばら撒いた広さの空間が大宇宙という訳です。如何ですか?想像がつきましたか?

あははは、私は学者でも専門家でもありませんし、学説にも色々ありますので、ここに挙げた数値にはあまり拘らないで下さい。ただ漠然と風船のように膨らんだただ大きな空間のようなイメージだった宇宙について、少しは具体的なイメージが出来ましたでしょうか?宇宙って何て大きいんだ・・とか、地球って星は宇宙の中では何てちっぽけな存在なんだ思いましたでしょうか?

それにしても、この世界は、素粒子が集まって原子が出来ていて、その原子が集まって物質が出来ていて、その物質が集まって星が出来ていて、星が集まって小宇宙が出来ていて、小宇宙が集まって更に大きな宇宙が、そしてまた更に大きな宇宙へと・・無限に小さな世界から無限に大きな世界まで全てが「入れ子」のような構造になっているってことにも驚かされますね。つまり、この世に存在する全てのものが、宇宙全体の構造のように、幾つかの決まった構成要素の集合体であって、それがまたもっと大きなものの構成要素の一つになっているということの繰り返しで出来ているってことです。よく考えるとそのこと自体も不思議でしょ?

次はどんなお話をしようかな?お楽しみに

                                            By 純一郎
[PR]
# by m_tanijyun | 2003-10-24 23:08

(続々々)宇宙って?・・・宇宙の大きさ(構造)

 私たちの住んでる地球は、太陽系という小宇宙に存在しているのは知ってますよね。この太陽系という小さな宇宙は、太陽という恒星(自分で光り輝く燃えている星)を中心にして、水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星という9つの惑星(恒星の周りを周回する自分では光らない冷えた星)で構成されています。勿論、それぞれの惑星には、その周りを回っている月の様な衛星を何個か持っていることもご存知でしょ?宇宙の大きさを考える時には、この太陽系のような(一つの恒星とそれを取り囲んで回っている惑星の集団)小宇宙を最小単位として考えなければならないんです。勿論、宇宙にある恒星がみんな太陽みたいに惑星を従えているとは限りませんが、もっと多くの惑星を従えているものもあります。色々です。
この小宇宙の大きさを先ず最初に考えてみましょう。太陽系では、太陽と地球との距離を1とすると、一番外側の冥王星と太陽との距離はその40倍ほど離れていて、その距離は60億キロメートルほどだそうです。光りの速さ(光りは1秒間にナント30万キロメートルも走るんですよ!)で走っても5.5時間ほど掛かる距離です。そう言われても良く分らないでしょうが、太陽系という小宇宙だけでもとてつもなく広いということだけは何となく分って貰らえたのではないでしょうか?

これを最初に説明した砂粒の1個だと考えてください。(何だって?太陽系が砂粒1個分?そんじゃ・・地球は何処に行ったんだよって?あははは・・その砂粒の中の何処かにある筈ですがねぇ・・)そして、その砂粒が2000億粒ほど集まっているのが私たちの太陽系が属している銀河系宇宙と呼ばれるもうワンランク上の小宇宙なのです。

分りましたか?そうなんです。太陽以外の恒星が全て太陽と同じ数だけ惑星を従えている訳じゃないけど、それと良く似た恒星(太陽みたいな星)が銀河系宇宙の中に2000億粒もあるんですよ。しかも、太陽に一番近い恒星(ブロキシマ)って星は、太陽の直径の3000万倍も離れた距離にあるって言うんですから、銀河系宇宙の大きさが分るってもんです。

・・・ってことで、この続きはまた明日^^w

                                              By 純一郎
[PR]
# by m_tanijyun | 2003-10-23 23:05

(続々)宇宙って?・・・宇宙の大きさ(構造)

 宇宙が今も尚大きく膨らんでいる事や、150億年ほど前にはピンポン玉どころか針の先ほどもない、いやそれどころかも無と言う状態から始まったという話を前回しましたよね?今回はその宇宙の大きさや簡単な構造についてお話しましょう。

直方体(何だよ!難しい事いうなよ!ってか?あはは)ってあるでしょ?。言い換えましょう。サイコロの形のことです。その縦、横、高さが0.5mmのサイコロを想像してください。なんて小さいんだって?そうなんです。砂粒の話をしてるんです。
もし、縦、横、高さの長さが1mmの半分という小さな砂粒があって、この小さなサイコロに形をした砂粒が、10リットル入り(1リットルの牛乳パック10本分の量)のバケツに一杯詰まっているとしましょう。
このとき、このバケツに砂粒は何個入っているでしょう?(そんな事知るかって?そうでしょうね・・・)計算上の答えは、8千万粒です。これだけの量の砂粒を床に撒いたら、凄い量だと思いませんか?(ん?掃除が大変だから、やめてくれって?うんうん・・そりゃそうですよねw)

数字って、どこかとっつき難くて、大きな数字はイメージが涌きませんよね?8千万円って聞けば年収の何年分だぁとか考えたりするかも知れませんが、砂粒が8千万粒って言われてもどのくらいの量か想像つかなかったでしょ?これで少しは具体的なイメージが涌きましたか?だから一億粒って言うと12.5リットル分って訳です。まあ・・バケツに砂を目一杯詰め込んだってイメージでしょうか・・・
えっ?一億個の砂粒がどうしたって?あははは・・宇宙の大きさの話に砂粒がどんな関係があるんだって?確かに・・砂粒は宇宙そのものとは関係ないんですが、これからお話する宇宙があまりに大きいものなので、反対に物凄く小さなものを喩えに持ってこないと大きさのイメージが湧き難く面食らうんじゃないかなって思ったんです。・・・あははは(ん?いきなり砂粒の話の方が面喰らうって?う~ん、そうかも・・・でも、もう話し始めちゃったので許してください。)

・・・ってことで続きは明日^^w

                                           By 純一郎
[PR]
# by m_tanijyun | 2003-10-22 22:59

(続)宇宙って?・・・宇宙の始まり(ビッグバン)

 時間は、過去から未来に向かって絶え間なく時を刻んでいますよね?宇宙って言うのは、ずーっと昔から、今と同じだったんでしょうか?

 それが学者達の最初の疑問でした。今、分かっていて正しいとされている答えは、宇宙は昔から膨らみつづけていて、今も、そしてこれからもずっと膨らみつづけるだろうってことです。何でそんなことが言えるんだ・・って?
 それは地球上から観察される全ての星が、一斉に地球から遠ざかって行っている事が確かめられたからです。と言うことは・・・未来に進むほど宇宙は大きくなって行くことですから、過去に遡るほど宇宙は小さかったことを意味しています。

 そうなんです。過去に遡るほど宇宙が小さかったと言うことは、宇宙が点のように小さかった時代があると言うことであり、その小さな点が生まれた宇宙の始まりがあったと言うことでもある訳です。

 この宇宙の始まりの様相(この時期の宇宙の様とか状態とかのことです)をビックバンと言います。この時期、何も無い「無」という状態から、宇宙という「有」という空間が生み出された訳です。宇宙の誕生の瞬間です。このことを学者達は、「無という相」から「有という相」に転換したとも言い、無から有への相転換が起きたと言うような言い方もします。

 この宇宙の始まりの様相は、一定の安定状態に到達するまでの信じがたいほど短い時間に、今この宇宙を形成している物質の殆ど全ての要素が次々に生み出され、形作られ、その宇宙空間も一定の大きさまで爆発的に膨張したと考えられています。それ故、この宇宙の始まりのことは、その爆発的様相から比喩的にビックバンと名付けられたのだそうです。ただし、その時に何らかの爆発が実際に起きた訳では決してありません。念のため。

                                          By 純一郎
[PR]
# by m_tanijyun | 2003-10-21 22:56

宇宙って?

私たち人間が地球って星に住んでて、その星が銀河系宇宙ってとこにあるらしい。ってことは誰でも知ってますよね?(あははは・・バカにするな!って?すみません)

 宇宙って言うと、ビッグバンとか、ブラックホールとか、銀河とか訳の分からない言葉が出てきて、ちょっと近寄り難いといったイメージがしますよね。
 しかしまあそんなことをあまり詳しく知っても、日常生活に特に役立つわけでもありませんから、それはそれで専門家にお任せすることにしましょう。世の中には知っておくべき色んなことが有り過ぎて、その全てを知ろうと思っても無理がありますからねw。

 でもでも、新聞やテレビに良く出てくる言葉としてのビックバンや銀河、宇宙という言葉には興味があるでしょ?・・えっ?無い?その場合は・・・???
どうしましょう?

 ま・・ともかく、今回は宇宙の大きさの話に絡めて、数回に分けてそういった言葉について私なりに少し分かり易く説明してみようと思います。
 何で?それを知ってどうするの・・って?う~ん・・別に何の特にもならないかも・・・・でもですね・・私の場合ですがね・・・日常の出来事に気持ちが滅入りそうになった時に、広大な宇宙や自然の営みの大きさに思いを馳せるんです。そうすると、そういった出来事が取るに足らない小さなことだと思えるんですよね・・・まあ・それくらいでしょうかね・・知ってることの取り得っていえばw。

 ところで、私は学者でも、その道の専門家でもありませんから、あまり詳しい説明は出来ませんし、この分野は専門家の間でも色々な学説があって完全に統一した説明が無いということを予めご了承ください。(と、何時ものように、さりげなく言い訳をしておいて・・と)
 順番からしても、最初は宇宙の歴史の話からしましょうかね?

                                            By 純一郎
[PR]
# by m_tanijyun | 2003-10-20 22:54

(続々々)量と効果の法則?

「質と効果の法則」は成り立つのか?

閑話休題:その刺激の質について光りや音に関して考えて見ますと、波長という物理量の大小によって確かに色調や音階が変わります。波長により人間の感覚器官が捉えられる範囲があって、光りや音などでもあまり長い波長や短い波長の物は感知する事が出来ません。そんなことから、波長の違いを感覚器官が捉える刺激の大小のように錯覚しがちですが、決してそうではありません。波長の長さの違いは、刺激の量や強さとは異なった別の尺度で測られる物理量なのです。

波長の違いの場合には、刺激の量(強さ)とは違い、感知できないほど長い波長の波が無害で、短い波長だと有害になると言う訳ではありません。残念ながら「質と効果の法則」は「量と効果の法則」のようにそんなに簡単に記述する事が出来ないようです。

何故これらの刺激の二大要素「質と量」が異なった法則に支配されているのでしょうか?私見ですが、それは恐らく、これらの刺激の「量」という要素は、人体に「物理的」「化学的」に作用するのに対し、「質」という要素は、人間の「感性」「感情」「情緒」というものに作用していることに起因しているからではないでしょうか。

「量と効果の法則」に欠陥あり?・・・ですか?いえいえ、量と質は本来全く「次元」の違う要素なのです。このように次元の違う要素を別の次元の法則に当て嵌めること自体が無謀な事だったんです。

質と量・・・同じ刺激であっても、これらの物理量が全く違った尺度で表わされるとき、それぞれの尺度を「次元」と言ったりします。質という次元と、量という次元、それぞれ異なった次元で光りや音をはじめとする様々な刺激を言い表す事が出来ます。勿論、質的要素を更に幾つかの異なった次元(尺度:「色彩」と「色調」とか「音階」「と「音色」)で表わして、もっと複雑な分類をすることも出来ます

日常的にも「次元が違う」なんて言葉がありますが、私たちは日常生活の中で、同じ物事を議論しながら、そこに潜む、本来なら全く次元の違う要素を、一緒くたにして話をしていることが結構あります。そのために問題を複雑にしたり混乱させている事が多いものです。それこそ、それらを図表に表わして考えを整理して見ると、一目瞭然ってこともありますよ。話が混乱した時には、次元を意識して、考えを図表に整理することも一案です。お薦めですよ。

さてさて、このひとり言は今後どんな方向に発展するのやら^^w・・・知~らないっと
     
                                            By 純一郎
[PR]
# by m_tanijyun | 2003-10-19 00:41

(続々)量と効果の法則?

前回はこの法則の普遍性(広く色々なものに当て嵌まること)についてお話しました。今回はこの法則を違った角度に広げて考えて見る事にしました。(勝手にしろって?あはは。)

物事には量とは別に質という要素があります。それでは・・・って事で「質と効果の法則」って言うのを考えて見ました。(もいい加減にしろ!って言われそうw・・・勝手な学説を唱えるなって?ま・・これは単なるひとり言ってことでお許しを・・・)

ふふさんの写真に綺麗な虹が登場しました。あれって、幸せの世界への入り口のような、どこか夢の世界への掛け橋のような不思議な魅力がありますよね?(って・・私らしくないか・・)その虹が七色なのは誰でも知っていますよね。光は波で、波長の長い赤い光りの波から、短い紫の光りの波までが順番に並んで見えているのが虹です。

しかしこの場合の光りの波長という刺激の要素は「刺激の量または強さ」ではなく「刺激の質」の要素とでも言いましょうか・・刺激の持つもう一つの別の要素を言っているのです。五感に作用する刺激「光り」「音」「味」「肌刺激」「匂い」には、それぞれの刺激の量(強さ)とは別に、その質を支配している要素があります。光りなら、光りの色調(波長)、音なら音階(波長)、その他の刺激である「味」「肌刺激」「匂い」にも様々な質的バリエーションが見られます。

これらの刺激の「量と効果の法則」が普遍性を持っていることは既に述べましたよね。それでは「質と効果の法則」にも同じような事がいえるのでしょうか?この続きは次回と言うことにしましょうか・・あはは

ところで余談ですが、味覚の中で「辛さ」という要素は厳密には味覚に加えるべき要素とは言い難いという説もあります。他の味覚「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」「旨味」とは明らかに異なるのは、これらの味覚が口内の味覚器官でしか知覚し得ないのに対し、辛味だけは唇でも粘膜と言われる皮膚器官でも感じる唯一の味覚であり、「痛覚」の延長線上のものではないか?という考え方です。そう言われるとそう言えなくもないと妙に頷けるところもあるかなぁ?ま、人の感覚をそれほど明確に区別しなければならない理由なんてありませんから・どうでも良いことですが・・そういう見方から調理すると別の世界が見える事もあるかな?ご参考に。
                        
                                          By 純一郎
[PR]
# by m_tanijyun | 2003-10-18 00:37

(続)量と効果の法則?

前回に続いてのお話ですが、今回はそのつまらない法則そのものの話です。あはは・・

この法則は、人体が摂取する物と体への影響について言ったものですが、これが案外といろんなことにも当て嵌まるんです。
仕事や勉強、遊びや食事、生活全般の行為や行動に当て嵌めると面白いんです。「過ぎたるは、尚及ばざるが如し」・・・って奴でしょうか?

ある程度までやらないと何の効果も面白さも無い。でも、ある頻度や量を超えると弊害が起きてくる。そして過剰になると明らかな障害を起こしたりしますよね!・・お酒やタバコ、チャットもそうかな?あははは・・

何に当て嵌めて見てもいいんですが、これもまた全てに当て嵌めても無理がありますよ・・例外の無い法則は無いとも言いますからね。・・・と、さり気なく言い訳をする。w

人を中心に物を考えたとき、五感が受け取る感覚、食事という行為で摂取する飲食物、仕事や遊びという行為など、どれをとっても外部から人の身体に影響を及ぼす「刺激」に他ならないとも言えますよね。ですから、この法則が原則的に当て嵌まって当然と言えるのでしょう。

このように物事の本質に近づいて考えると、実態の部分が良く見えて、一見掛け離れて見えていたもの同士が実は根っこのところで繋がっていたり、同じ物の別の側面を見ていただけだったりする事が多いものです。

・・ってところで今日のひとり言はお終いです。続きは又・・・あははは


                                           By 純一郎
[PR]
# by m_tanijyun | 2003-10-17 00:32

量と効果の法則?

今回は化学のお話です。興味のある方だけどうぞ!^^w

緑茶に含まれるカテキンという物質が健康に良いとマスコミで取り上げられて久しい・・と思ったら、つい先日の新聞では、そのカテキンがDNAを傷つけ発ガン性を持つ事が実験的に確かめられたという記事が載りましたね。どっちが本当なの?う~ん、どちらも正しい知見と言って良いんでしょうね。

この世に存在するほとんど全ての物質が、その量の程度こそ違えど、「微量では無害」[適量で有効」[過剰で有害」[大量では毒性」という法則に支配されていますから。えっ!そんな法則聞いたこと無いって?そりゃそうでしょう。これは良く知られた知見ではありますが、この法則名は私が勝手に付けたんですから。あはは。

実際カテキンの発ガン性が確認された実験は、通常飲用されるお茶の4~50倍の濃度のカテキンを使って行われています。この濃度では有害性や毒性を示しても当然かも知れません。風邪薬など日常皆が使っている「いわゆる薬」でも用量を間違えれば「無効」となったり「有害」となることは誰もが知っていますよね。普段私たちが口にしている食べ物でも同じことが起きて当然なんです。

良く考えれば分かることではあるんですが、日常的には物事を[敵か味方か」とか「善か悪か」とか「薬か毒か」といった大まかな仕分けをして捉えてしまいがちです。そして一度そう捉えると、そのことに縛られて物事を見たり、判断したりしがちです。それを助長しているのは、どちらかの知見を断定的に語る学者であり、それを誇張し恐怖を煽る評論家であり、それをまことしやかに報道するマスコミでもあるとも言えるのかも・・。

情報過多の時代には、自分の価値観を見失いがちです。たった一つの方向性で語られる知見を盲信せず、時には一歩引いてこの「量と効果の法則を」思い出してみてはいかがでしょう。しかしこれって・・・どこか半球の話にも似てる???(物事の本質って、結構何にでも当て嵌まるw)

これさえ欠かさなければとか、或いはこれさえ食べていれば健康に絶対に良いなどという薬品や食品なんてありませんからねぇ。これホントです。

特定の成分や食品を過信する昨今のチョッと気になる風潮に、警鐘を込めて・・・一言、でした。

健康には、バランス良い食事と運動に勝るもの無しですよね。って・・高血糖気味の私が言っても説得力が無いかも・・・あはは。

                                             By 純一郎
[PR]
# by m_tanijyun | 2003-10-16 00:24

ごあいさつ^^w

 この純一郎の独り言は、かつて他のコミュに投稿した記事をコピーして、保存の為こちらに移植したものです。そのため、一部に当時交流のあったコミュ仲間のHNなどが出てきたり、時事的内容が当時のままだったりしています。
 また、私個人が思いつくままに取り上げた主題について、文字通り独り言を書き連ねただけのものですから、ここに出てくる数値や知見に関して学術的な正確さを問わず、聞き流してやってください^^w。
 なお、何時になるかは分りませんが、今後掲載する独り言については、出来る限りこのブログ専用の記事にしたいと考えています。どうぞよろしく。

                                           By 純一郎
[PR]
# by m_tanijyun | 2003-10-15 23:39